home
ご挨拶
組織
入会申込
年次大会
ガイドライン
学会誌への投稿について
学会誌
MedicalFinder
newsletter
お知らせ
お問合せ
リンク

マイページ
学会ロゴマーク募集中







 
 
UNIVERSITY OF SURREY

International Care Ethics Observatory,
School of Health Sciences,
Faculty of Health and Medical Sciences,
University of Surrey Guildford,
Surrey GU2 7XH England

Dear Dr Mieko Hasegawa and Colleagues at the Japan Nursing Ethics Association

I write to congratulate you on the 10th Anniversary of the founding of the Japan Nursing Ethics Association.

Nursing ethics is a very important area of scholarship and research. It is the area that most contributes to patients, families and communities receiving good care.

Incorporating nursing ethics into professional education ensures that students and registered nurses understand their accountability and the difference they make to the flourishing of all who receive care.

We can all learn a lot from Japanese perspectives on nursing ethics and the development of a Japanese nursing ethics journal is a very welcome development. As Editor of Nursing Ethics I am always pleased to receive manuscripts from Japanese colleagues.

I am looking forward to spending part of my sabbatical in Japan in 2018 and to better understanding your unique and most valuable perspectives on ethics as applied to care. I hope your good work will continue.

Yours sincerely,
A Gallagher

Ann Gallagher, RN, PhD, Professor of Ethics and Care, Editor-in-Chief, Nursing Ethics & Director, International Care Ethics Observatory.

日本看護倫理学会第10回大会にむけてメッセージ

International Care Ethics Observatory,
School of Health Sciences,
Faculty of Health and Medical Sciences,
University of Surrey
Guildford, Surrey GU2 7XH
England

長谷川美栄子理事長及び日本看護倫理学会会員の皆さま

日本看護倫理学会創立10周年を祝し、メッセージを贈りたいと思います。
看護倫理は、学問としても研究としても、極めて重要な領域です。
患者、家族、また社会に対するよりよいケアの提供に最も貢献している領域でもあります。

看護倫理を看護教育に取り入れることで、学生も看護師も、社会に示すべき自分たちの責任を理解でき、また看護ケアが人々の健康に質の高い変化をもたらしていることを理解できます。

看護倫理についての日本人の見方・考え方から、私どもは多くのことを学んでいます。
また日本看護倫理学会誌の充実も、とても喜ばしい進展です。
私はNursing Ethics誌の編集長として、日本の同僚からご投稿を頂いていることも、いつもうれしく思っています。

2018年は、私のサバティカルで日本にもしばらく滞在できますので、今からとても楽しみです。日本では、日本の風土で育まれた皆さまの貴重な倫理観が、ケアにどのように活かされているのかをしっかりと学ばせていただきたいと思っております。

親愛なる皆さまの、ますますのご健闘を期待して。

アン ギャラガー
Nursing Ethics 誌編集長
サリー大学健康医科学学部教授(Ethics and Care専攻)、国際ケア倫理センター長

 

日本看護倫理学会事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
株式会社国際文献社内
TEL:03-5937-5644 / FAX:03-3368-2822
E-mail:jnea-post@bunken.co.jp